水素水サーバーの選び方!4つのチェックポイントを確認して最適なものを選ぶ!

水素水サーバーの選び方はサーバーの種類、水素濃度、価格、メンテナンスをチェックしよう!

宅で手軽に新鮮な水素水を楽しめる水素水サーバーの導入を考えている方も多いと思います。

 

 

 

「どれを選ぶのが良いのかイマイチよく分からない」「何を基準に選ぶべきなのか悩む」といった声をよく耳にします。

 

 

 

そこで今回は、後悔しない水素水サーバーの選び方のための4つのチェックポイントを紹介していきます。

 

 

 

水素水ウォーターサーバー比較の4つのチェックポイント

 

水素水サーバーの選び方としてサーバーの種類(購入orレンタル)、水素濃度、価格、メンテナンスを重要視していきましょう。

 

 

 

 

サーバーの種類(購入orレンタル)

 

水素水サーバーは購入するか、レンタルするかでどのような水を使うか分かれてきます。

 

 

 

多くの方はレンタル水素水サーバーの利用を検討しているのではないでしょうか。こちらは水素水サーバー業者が用意している天然水やRO水を利用するのが一般的です。

 

 

 

例えばミネラル豊富で健康にも良いと言われている天然水を希望するか、ミルクやコーヒー、コストなどを考えてRO水を希望するのか…あるいは自宅の水道水を水素水に変えられる水素水サーバーを選ぶのか…。

 

 

 

ライフスタイルに合わせて最適な水素水サーバーを選べるように比較・検討してみましょう。

 

 

 

 

水素濃度

 

水素水サーバーを導入する以上、水素濃度はこだわるべきポイントになります。

 

 

 

一般的には1ppmくらいの水素濃度があれば十分効果を期待できると言われています。なのでこのくらいの数値を目安に自主性サーバーを選ぶのが良いと思います。

 

 

 

注意しなくてはならないのが水素水濃度を表示していないメーカーがあることです。なので1つの基準として水素水濃度をきちんと表示しているところのサーバーを選ぶのも良いかもしれませんね。

 

 

 

 

価格

 

水素水サーバーを導入する上で無視できないのは価格になります。初期費用が安くてもランニングコストが高くついてしまったり、逆に初期費用が高くもののランニングコストを低く抑えられるものもあります。チェックすべきポイントとしては以下のような物が挙げられます。

 

 

 

初期費用

 

メーカーによって初期費用はバラバラです。本体価格に違いがあるのはもちろんですが、設置費用や工事費、保証料などが別途発生することもあるのでよく確認しておきましょう。

 

 

 

ランニングコスト

 

特にレンタルの水素水サーバーの場合確認しておくべきです。その他にも電気代、カートリッジ代、水の購入費用といったコストも考えた上で、1ヶ月どれくらいのランニングコストが発生するのか、年間いくらくらいの費用がかかるのかを計算してみましょう。

 

 

 

保証期間

 

もし故障してしまった時、修理に費用が発生するのか、あるいは無償で修理してもらえるのか。そして保証期間がどれくらいあるのかも確認しておきましょう。

 

 

 

 

メンテナンス

 

年に1回業者が無料でメンテナンスしてくれるところもあれば、有料で行っているところもあります。

 

 

 

できれば無料でメンテナンスしてくれる業者を選んだほうが長い目で見てお得になりやすいのですが、肝心の修理費用などで大きな負担になるようだと意味がありません。

 

 

 

メンテナンスの頻度だけでなく、修理にかかる費用や、保証期間などをトータルに判断して選びましょう。

 

 

 

まとめ

 

 

水素水生活を長く続けることを考えると、水素水サーバーを導入するのが最もコストパフォーマンスに優れるケースがほとんどです。

 

 

 

それだけに、後悔しない水素水サーバーを選ぶために、今回紹介した内容をよく考えた上でベストな物を選んでいきましょう。